Warning: include(/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/lib/speed-up.php): failed to open stream: Permission denied in /home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 33

Warning: include(): Failed opening 'lib/speed-up.php' for inclusion (include_path='/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/archive_tar:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/console_getopt:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear-core-minimal/src:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear_exception:.:/opt/php-7.2.34-2/data/pear') in /home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 33
実話だった!?『スタンドバイミー』は作者スティーブン・キング幼少期のショックすぎる出来事が関係していた! | 芸能ニュース!KTN キツネちゃんねる

実話だった!?『スタンドバイミー』は作者スティーブン・キング幼少期のショックすぎる出来事が関係していた!

2021年5月28日に放送された『スタンドバイミー』は名作中の名作!

モダン・ホラー小説家のスティーブン・キングが執筆した短編小説を映画化した作品です。

小説を書くときのアイデアとして、日常の出来事などからヒントを得ることが多いそうなのですが、この『スタンドバイミー』も現実にあった実話なのでは?!と思ったことはありませんか?

調べたところ、元になった短編小説は、スティーブン・キングが幼少期に味わったショックすぎる出来事から生まれた作品だったのです!

そこで今回は、

・スタンドバイミーは実話だった?!

・スティーブン・キングのショックな出来事とは?

を中心に記事をまとめていきたいと思います!

是非、最後までご覧ください!

スポンサードリンク
 


スタンドバイミーは実話だった?!

1986年に世界的に有名作家であるスティーブン・キングの短編小説である『THE BODY』を原作にロブ・ライナーが映画化したスタンドバイミー。

スタンドバイミー』の舞台は、オレゴン州のキャッスルロックという設定ですが、現実には存在しない想像された街です。

家庭に問題のある、4人組の少年たちはいつも何か一緒につるんで遊んでいました。

3日前に行方不明になった不良のレイという少年が列車にはねられ、死体が森の中にあるらしい!

ということを聞きつけた彼らは遺体を探す旅にでる。

という一夏の冒険映画というのはみなさんご存知のあらすじですね!

この投稿をInstagramで見る

JETLINK(@jetlinkmovie)がシェアした投稿

実はこの作品、スティーブン:キングの幼少期のショックすぎる出来事をアイデアに作られているんです。

完全な実話!というわけではありませんが、実際にあった出来事が盛り込まれ作品になったのは間違いないようです。

では、どのあたりが実話なのでしょうか?

調べてみると、その話は、とても幼い子供が体験して耐えれるような内容ではありませんでした。

スポンサードリンク
 


スティーブン・キングのショックな出来事とは?

スタンドバイミー』は、列車に跳ねられた少年の遺体を好奇心豊かな仲良しメンバーが探しに行く旅というのがキーポイントになっています。

この“列車に跳ねられた”というのが、実際にスティーブン・キングが体験した内容です。

スティーブンが4歳の頃、友人が近くにあった線路で電車に轢かれてしまうというショッキングな出来事に遭遇したしてしまったんだそうです!

実際遭遇してしまった、幼いスティーブン・キングが精神的に耐えれる筈もなく、丸一日口を聞けない状態になってしまいました。

・・・そりゃそうですよね。。食事も喉を通らなかったでしょうね。

一緒に遊んでいた友達が、無惨な死に方で急にこの世から居なくなるなんて、大人でも耐えれません!

そんなトラウマにもなるような内容を、スティーブン・キングは小説のアイデアとして利用できるなんて凄いです…

書くことによってトラウマの解放という意味合いもあったのかもしれませんね。

衝撃的な出来事でしたね辛かったですね。

スポンサードリンク
 


スタンドバイミーは自伝的作品

スタンドバイミー』に登場する「ゴードン・ラチャンス」のモデルはスティーブン本人とされています。

ゴードン・ラチャンスとスティーブンとの間には多くの共通点があり、その多さから間違いなく自信をモデルとして執筆したんだろうなというのが分かります。

主な共通点としては『小説家』『兄を亡くしている』などが例としてあげられます。

ただ、違う点を挙げるとするならばゴードン・ラチャンスは『両親が健在』スティーブンは『父親が失踪』という所です。

本人が自伝的作品と称することもあったほど、実話を元にしているスタンドバイミーですが父親という存在は異なっています。

もしかしたら、スティーブン自身の『父親がいて欲しかった』という人に言えない想いが小説に映し出されたのかもしれませんね。

もしくは、物語の進行上両親が健在の方が話が綺麗にまとまったという理由かもしれませんが笑!

スポンサードリンク
 


まとめ

今回は『実話だった!?『スタンドバイミー』は作者スティーブン・キング幼少期のショックすぎる出来事が関係していた!』について記事をまとめました。

スタンドバイミーが実話を元にしていたということ自体、初めて知ったというような人も多かったのではないでしょうか?

この実話部分も、わずか4歳の男の子が体験して正常な精神状態でいることが難しいようなショッキングな出来事でしたね。

このような思い出したくないような記憶すらも、小説のアイデアとして使うあたり天才というのでしょう。

普通の考えでは読者や視聴者を虜にするような作品を作り上げることは出来ないと思うので、この出来事も作品のいしずえとして本望なのかもしれません。

引用元: Wikipedia

スティーブン・キングは現在73歳と高齢ですが、これからも世の人々を魅了するような作品を作り上げてもらいたいです。

あわせて読みたい↓

2021年5月28日にテレビ放送された『スタンド・バイ・ミー』は1986年に放送された映画で、35年たった今でも名作として人々に愛されていま...
2021年5月28日放送の『スタンドバイミー』の主役といえば「ゴードン・ラチャンス」役のウィル・ウィートンですね。 ウィル・ウィートン...

最後まで、ご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする