Warning: include(/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/lib/speed-up.php): failed to open stream: Permission denied in /home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 33

Warning: include(): Failed opening 'lib/speed-up.php' for inclusion (include_path='/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/archive_tar:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/console_getopt:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear-core-minimal/src:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear_exception:.:/opt/php-7.2.34-2/data/pear') in /home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 33
【マツコの世界】 SHOW-GO(ヒューマンビートボックス)の年齢や本名、経歴は?ヒカキンが影響!? | 芸能ニュース!KTN キツネちゃんねる

【マツコの世界】 SHOW-GO(ヒューマンビートボックス)の年齢や本名、経歴は?ヒカキンが影響!?

2021年4月6日の「マツコの知らない世界」にヒューマンビートボックスの世で、TATSUYAさんが登場しますが、新時代の日本人ビートボクサーとしてSHOW-GO」(ショウゴ)さんもスタジオに登場することになり、そのパフォーマンスにマツコが衝撃を受けます!

次世代のヒューマンビートボックスを担う、SHOW-GOさんの本名や年齢、音楽の経歴、ヒューマンビートボックスを始めたきっかけなど調べてみましたのでぜひご覧ください!

スポンサードリンク
 


 SHOW-GOの年齢や本名は?wiki風プロフィール

この投稿をInstagramで見る

SHOW – GO(@showgoxkaix)がシェアした投稿

名前: SHOW-GO

本名:甲斐正悟(かいとうしょうご)

生年月日:1985年11月9日 36歳(2021.4月現在)

年齢:22歳(2021.4月現在)

出身地:北海道札幌

現在は、札幌市立大学 デザイン学部・デザイン研究科在籍しています。学生さんなんですね!

また、ソロ活動はもちろんのこと、北海道出身のメンバー4人で構成された「4thGAS」の一人でもあります。

このグループに所属の4名はみんな国際大会で日本代表を務めた経験がありヒューマンビートボックス界の中では国内はもとより海外からも注目されています。

また、SHOW-GOさんは修学旅行をきっかけに京都が大好きになり、年に2回は行くそう。

3ヶ月アーティスト向けのホテルに滞在して楽曲の制作を行っており、本人は京都から大きな影響を受けているといいます。

どことなく個性的で和風な感じが漂うSHOW-GOさん。理由はそこなのかもしれませんね!

スポンサードリンク
 


SHOW-GOの音楽経歴は?

日頃から、ビートボックスが生活の一部になっているSHOW-GOさんは、普段からお風呂に入っている時や、暇な時など無意識で口ずさんでいるらしく、これといって練習などはしていないそうです。

染み付いてしまってると言っていいくらい、時間がある時は朝から晩までやってるそうですよ。

そんなSHOW-GOさんの音楽経歴もすごいのでご紹介します。

2017年に「Grand Boost Championship」で日本チャンピオン獲得

同じく2017年 アジア大会「Asia Beatbox Championship2017」で3位を勝ち取る。

2018年には世界大会「Grand Beatbox Battle」にて、日本人初となる決勝トーナメントに進出し、ベスト8という快挙を達成。

まだ22歳なのに、すでに日本チャンピオンを獲得し、世界大会まで経験。さらにアジアで3位を勝ち取った強者です!

素晴らしいですね。

2018年に世界大会で日本人初となった決勝トーナメント出場の感想としてSHOW-GOさんはこう言ってます。

ずっと映像で見ていた人と同じ舞台に出られるということが楽しすぎて、日本人初ということはあまり意識しなかったですね。アジア大会も世界大会も優勝を目指す気持ちは微塵もなくて、インパクトを残して話題になった方が自分の活動のためになると思っていました。

引用元:https://kuma-foundation.org/news/3476/

このような大きな大会でプレッシャーも感じず、自分らしく振る舞える姿はすでに大物になる要素が満載です!

スポンサードリンク
 


ビートボックスを始めたのはヒカキンのyoutubeの影響!

そんな、SHOW-GOさんのビートボックスを始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

それは「ヒカキン」だったというのです。

動機は、中学校3年生の時にヒカキンのyoutubeを見て「これができたらモテるんじゃない?」と考え練習しはじめました。

SHOW-GOさんを含めビートボックスを始めた人のきっかけは8.9割型ヒカキンさんが影響しいるのではないかと言っています。

それからは、youtube特有の関連動画で海外のビートボクサーを知ることになり、それをみながら独学で練習したそうです!

YouTube先生すごいですね!年齢が若くなるほど影響があるように感じます。とても現代的な練習方法だったんですね!

今やSHOW-GOさんがYouTubeで配信する側になりましたね!

SHOW-GO – Somehow (Beatbox)のYouTube ↓をどうぞ!

まとめ

今回は「【マツコの世界】 SHOW-GO(ヒューマンビートボックス)の年齢や本名、経歴は?ヒカキンが影響!?」についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

現在は大学生のSHOW-GOさん。これからはビートボックスと音楽制作、今大学で専攻しているデザインのを3本の柱として活動していきたいそうです。

いろいろなことのチャレンジするSHOW-GOさんから目が離せませんね!

あわせて読みたい↓

2021年4月6日の「マツコの知らない世界」にヒューマンビートボックスの世界でTATSUYA(タツヤ)さんが登場します。 日本ではまだ...

最後までご覧くださりありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする