Warning: include(/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/lib/speed-up.php): failed to open stream: Permission denied in /home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 33

Warning: include(): Failed opening 'lib/speed-up.php' for inclusion (include_path='/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/archive_tar:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/console_getopt:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear-core-minimal/src:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear_exception:.:/opt/php-7.2.34-3/data/pear') in /home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 33
モスバーガー社長・中村栄輔の経歴と職歴がスゴイ!大学や年収も!(カンブリア宮殿) | 芸能ニュース!KTN キツネちゃんねる

モスバーガー社長・中村栄輔の経歴と職歴がスゴイ!大学や年収も!(カンブリア宮殿)

モスバーガーはこのコロナ禍の中、飲食店では異例の前年比112%を叩き出しています。伸び率はマクドナルドを超える勢いとのこと。

以前は業績不振だったモスバーガーを蘇らせたのは2016年に社長に就任した中村栄輔さんでした。

そんな凄腕社長、中村栄輔さんが2021年3月25日の「カンブリア宮殿」登場します。

中村栄輔さんについての経歴や、職歴、年収など気になりませんか??

まとめてみましたのでみましたのでぜひご覧ください!

中村栄輔社長のプロフィール

本名:中村栄輔(なかむら・えいすけ)

出身:福岡県福岡県三潴郡大木町

生年月日:1958年6月13日生まれ 62歳(2021年3月現在)

血液型:O型

出身中学:福岡教育大学附属久留米中学校

出身高校:熊本マリスト学園高等学校

出身大学:中央大学法学部

モスバーガー入社:1988年

社長就任年:2016年

中村社長は、福岡県の池坊(いけのぼう)という生け花の家元の次男として生まれました。

父親は日本各地を飛び回り、京都や海外にいくことも多く、自宅に帰るのはお盆とお正月だけだったそうです。すごい先生だったんですね!
その影響で中村社長も大学時代まで生花を習っていました。

中学を卒業後は、熊本マリスト学園高等学校に進学します。

キリスト教、全寮制の学校で、そこでは寮生活の経験の中で組織の人間関係を学び、理不尽なことがあってももあまり気にせず、ストレスに強くなったと言っています。

これはかなり厳しい寮生活だったのか?高校の時点でかなり精神面が鍛えられたのではないかと思います。

大学は、家族の入院を気に医者に憧れ医学部を受験するも、理数系の点数が足りず諦めることとなります。

その後は、弁護士を目指し中央大学法学部に合格します。

ですが、司法試験は途中から諦めることになります。

スポンサードリンク
 


中村社長の経歴・職歴など

上京してからモスバーガーをはじめて食べた中村社長。あまりの美味しさに感動します!

「こんなに美味しいハンバーガーをつくる会社ってどんな会社なのか?」と考え興味をもち1988年にモスフードサービス入社します。
中途採用試験を受け、入社したというスタイルでした。

入社後は、法政大学大学院で夜間勉強をしながら、8年間法務関係の職場にいることになります。すこく勉強熱心でボーナスはすべて学費にあてていました。

そして1995年には法務部長に就任。

以後は以下のような速さでどんどん駆け上がっていきます!

中村栄輔社長のモスバーガー経歴

1988年:モスフードサービス入社

1995年:法務部長

1997年:社長室長

2001年:店舗開発本部長

2005年:執行役員営業企画本部長

2008年:執行役員、モスフードサービス関西社長

2010年:取締役執行役員開発本部長

2012年:国内モスバーガー事業営業本部長

2014年:常務取締役事業統括執行役員

2016年:代表取締役 取締役社長

そしてついに!

2016年6月28日の株主総会にて社長に就任することになります。

中村さんにどうして社長の白羽の矢が立ったのか気になる

中村社長が就任前は、創業家の櫻田厚さんが会長兼社長でした。

櫻田厚さんは、創業者の櫻田慧氏(櫻田氏の叔父)が60歳で突然亡くなってしまったことで社長に就任したことが大きなトラウマでした。

その経験から、後継者は明確にしておかなければ!と考えます。

また、私のようなタイプではなく、違うタイプの人間が社長には良いのではないかと思うようになり、法務畑の長い中村栄輔さんが選ばれることになります。

現場を知らない、中村社長に櫻田氏は専任の会長としてサポート。

櫻田会長は国際本部として海外展開を統括、中村社長は国内と新規事業を統括し、お互いサポートし合いながら進んでいきます。
特に中村社長は、国内でしっかりと企業として生き残っていく仕組みづくりに力を注いだそうです。

スポンサードリンク
 


社長の考えるモスバーガーのコンセプトや未来像


中村社長が考えるモスバーガーのコンセプトは、創業者の思いが詰まった文章を基本方針としてまとめたもので大切に各部署の壁に設置してあり、いつでも目に止まるようになっています。

基本方針の内容とは

「お店全体が善意に満ち溢れ、誰に接しても親切で、優しく明るく朗らかで、キビキビした行動、清潔な店と人柄」
そういう店を1つでも増やしていく、そこに尽きると思います。

美味しいと思っていただける点が一番、大切だと思っています。
プラス、モスの食材に関しては安心で安全という信頼感ですね。

医食同源と言いますが、健康にも気遣っている要素を組み合わせた商品を作りたいなと。そこが大切なモスのDNAですから。

引用元:月間BOSS

と語っています。長年受け継がれたモスバーガーの精神ですね。素敵です。

スポンサードリンク
 


社長の気になる年収は?!

そんな、中村社長の年収も気になってしまい!ちょっと調べてみました。

おおよその概算ですが・・2600万ほどではないか?との情報でした。

根拠としては、平成31年度から令和2年度の有価証券報告書役員報酬が1憶5千600百万円。
取締役は全部で6人在籍とのことで・・計算し6で割ると2600万ではないのか?との算出です。中村社長は自社株も8000株所有してますので、配当金などもありますので予想以上の年収の可能性大です。

また、社モスフードサービスで働く人の平均年収についても調べると
645万1673円とのことで、平均よりもかなり高いです。
そんなところを見ると、社員さんたちにとっても良い企業であることがわかります!

まとめ

モスバーガー社長・中村栄輔の経歴と職歴がスゴイ!大学や年収も!についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

多くのハンバーガー店でもモスバーガーはフレッシュな野菜が多く入っており、また企画のグルメバーガーなど楽しめて健康的でとても好感のあるお店ですよね。

素材に拘っているから原価率が高いというのは有名な話です。

今でも社長は時々モスバーガーを食べに来ることがあるそうで、決まって「モスチーズバーガー」と「オニポテセット」。さらにお腹が空いてる時は「モスチキン」か「チリドッグ」を頼むんだとか。

店の端っこで食べてるそうです!笑

私の家の近くにもあるモスバーガー!これからは創業者や中村社長の想いを巡らせながらいただきたいと思います!

日本のハンバーガー代表格のモスバーガー!これからも応援しています!

あわせて読みたい↓以前の放送

湘南で生まれた、ローカルスーパー「スーパースズキヤ」! しかも、創業120年!という老舗とのこと!凄いですね! そんな、スズキヤの社...

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする