Warning: include(/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/lib/speed-up.php): failed to open stream: Permission denied in /home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 33

Warning: include(): Failed opening 'lib/speed-up.php' for inclusion (include_path='/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/archive_tar:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/console_getopt:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear-core-minimal/src:/home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear_exception:.:/opt/php-7.2.34-2/data/pear') in /home/maimaimu2001/news-ktn.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 33
【グーニーズ】なぜスロースの顔は怖い?理由は障害や病気?親からの影響か!長い間放送されなかった原因も! | 芸能ニュース!KTN キツネちゃんねる

【グーニーズ】なぜスロースの顔は怖い?理由は障害や病気?親からの影響か!長い間放送されなかった原因も!

2021年6月11日放送の『グーニーズ』は、1980年代を代表する冒険アドベンチャーです。

以前は夏休みといえば『グーニーズ』というくらい放送されていたような気がしていましたが、いつの頃からかめっきり放送されなくなりました。

1980年代といえば、エロやグロなど放送規定がそこまで厳しくなかった時代ですよね。

そんな時代の作品である『グーニーズ』が、今回の視聴者が観たい【金曜リクエストロードショー】に登場します。

そこで今回は、登場すると衝撃的なスロースと長い間『グーニーズ』が放送されなかった原因をみていきたいと思います

・なぜスロースの顔は怖い?障害や病気?親からの影響か?

・長い間放送されなかった原因も!

について記事をまとめていきたいと思います!

是非、最後までご覧ください!

スポンサードリンク
 


なぜスロースの顔は怖い?障害や病気?親からの影響か?

グーニーズを視聴した方の多くは、スロースの顔を見て衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。

目が片方崩れてしまい、下顎が小さい異様な顔つきになってしまっていますよね。

スロース役を演じたのは『ジョン・マツザク』という俳優さんで、この方が特殊メイクでスロースの顔になっています。

グーニーズの映画監督は、どのような意図があってスロースを視聴者に怖いと印象付けるような容姿にしたのでしょうか。。

スロースの容姿について調べていると2つの可能性があることが分かりました。

<理由1>
スロースは母親にベッドから何度も落とされて顔に重い障害を負ってしまった可能性。

<理由2>
生まれつき顔に障害を持って産まれそれが原因で兄弟の中でもスロースだけが可愛がられなかった可能性。

生まれつきなのか、母親によって障害を負ってしまったのか。

母親は他の二人の息子は可愛がって育てた様子なので、もしかしたら障害を持って生まれてしまったスロースのことは可愛がれずにいたのかもしれません。

作中では明らかにはされていませんでしたが、この2つの可能性がスロースの顔が怖くなってしまった原因と思われます。

あくまでもグーニーズは映画であり、実話ではないので視聴者が自由に発想するのが正解なのかもしれませんね。

スロースのママ↓

この投稿をInstagramで見る

Yuka(@yukakomagata10)がシェアした投稿

しかし、子供を鎖につなぎ地下に閉じ込めておくなんて最低ですね!

このようなことが原因で「グーニーズ」は放送されなくなってしまったのかもしれません。。

スポンサードリンク
 


長い間放送されなかった原因も!

1980年代を代表する『グーニーズ』ですが、今の時代知っている人の方が少ないのではないでしょうか?

当時は夏休みといえばグーニーズと言っても過言では無かったぐらいに放送されていましたが、最近は全く放送されていませんでした。

その理由をまとめましたのでご覧ください。

スロースが原因?

この投稿をInstagramで見る

Jeff B. Cohen(@jeff_b_cohen)がシェアした投稿

上記で述べたとおり、グーニーズが長く放送されなかった原因は、作中に登場するスロースが原因では?という声も多くあります。

スロースの見た目は、明らかに障害者というのが分かります。

この見た目が、障害者団体からの批判を強く浴びる対象となったようです。

確かに、今の時代差別的な表現をすると批判の対象となってしまうので放送自粛になるのは至極当然のことかとしれませんね。

1980年代は、エロやグロなど放送規定がかなり緩かったのですが今の時代そうゆう訳にもいきません。

恐らくですが、今回視聴者からのリクエストで放送はされましたが、少なからずクレームは入ってきているのではないかと推測します。。

視聴率がとれない

この投稿をInstagramで見る

KRHT(@krht_vj)がシェアした投稿

テレビ放送はボランティアではないので、いくら再放送と言っても過去に視聴率がとれない『グーニーズ』はいつしか放送されなくなってしまいました。

しかし、今回は久しぶりにみたい!という視聴者のリクエストによって金曜ロードショーに戻ってきました。

しかも今回は、野沢雅子さん、古谷徹さん、藤田淑子さん、坂本千夏さんらが吹き替えを担当!声優界の大御所が出揃うTBSの特別放送盤だそうです!

スポンサードリンク
 


まとめ

今回は「【グーニーズ】なぜスロースの顔は怖い?理由は親からの虐待と監禁?!長い間放送されなかった原因も!」について記事をまとめました!

グーニーズを見た人にかなりの衝撃を与えたであろうスロース。

作中ではスロースの顔が崩壊されている理由については、深く語られていないので視聴者の想像次第になってしまいます。

見る人によって解釈の仕方が変わってくるのが、映画やドラマなどの面白さの一つです。

コロナ禍の中「グーニーズ」をみて育った大人が、今の子供達に冒険の世界を見せたい!当時面白くて大好きだった映画だから子供と見たい!などの声が上がっていました。

あわせて読みたい↓

2021年6月11日に放送された『グーニーズ』に出演のぽよぽよチャンク役、ジェフ・コーエンさんが現在が、かなりイケメンになっていることが調べ...
2021年6月11日に放送された『グーニーズ』放送されました! 今回は視聴者が見たいリクエストによって金曜ロードショーに戻ってきました...

まだ観ていない人はDVDも今はありますのでぜひ見てみてくださいね!

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする